ニキビの原因「アクネ菌」

gazou1
ニキビの原因になるのはアクネ菌だということはよく知られていますが、アクネ菌の元々の働きは皮膚のpH(酸性度)を適切に調節するために必要な常在菌(常に皮膚の中に存在している菌)なのです。
健康な人(ニキビのできにくい人)の肌は弱酸性に保たれています。
これは、アクネ菌が皮脂腺から出た皮脂を分解し、脂肪酸に変えることで肌を弱酸性にする働きをしています。
しかし、アクネ菌は酸素を嫌うため、毛穴に汚れや皮脂が溜まり酸素が行き届かなくなると、皮脂を栄養にしてアクネ菌が過剰に増えてしまいます。
アクネ菌が活発になると毛穴に詰まった皮脂や汚れを酸化させて炎症を起こし、それがニキビとなります。
皮脂が詰まり排出されずに毛穴にとどまると、皮膚の中で固まります。これを一般的に白ニキビと言います。

そして、白ニキビにアクネ菌が作用して毛穴が炎症を起こします。そしてこれが赤ニキビ。
赤ニキビが膿んでしまうと黄ニキビになります。
白ニキビはターンオーバーで古い皮脂と一緒に排出されるかもしれません。
しかし、白ニキビがアクネ菌によって赤ニキビへと悪化すると、治った後も色素沈着やクレーター肌などのニキビ跡になってしまう原因になります。
ニキビはなるべく白ニキビの段階で治してしまうのが、肌への負担も少なく、大きなトラブルに発展しにくいのです。

ニキビの原因「アクネ菌」