ニキビの最先端治療「レーザー」

ニキビ跡のレーザー治療とは、レーザーをニキビに照射することにより、デコボコの皮膚を平らにして、ニキビ跡を目立たせなくさせる治療法です。
治療をおこなう前にレーザーのテスト照射をし、レーザーの波長や強さ、治療回数、治療間隔などを確認します。
治療回数に個人差はありますが、だいたい5~6回の施術が目安になります。
ひとくちにレーザーといっても様々な種類があります。
・YAGレーザー治療
主にニキビ跡のクレーター肌の治療に用いられます。
施術時間はだいたい15~30分です。
・炭酸ガスレーザー治療
レーザーの力で皮膚表面を直接削り取るというような治療法です。
効果は非常に強力ですが、肌に刺激が強すぎる場合があるので、医師とよく相談しましょう。
・フラクショナルレーザー治療
大きく残ってしまったニキビ跡の凹みなどに対応する治療法です。
新しい皮膚の再生を促進するようにします。
・スムースビームレーザー治療
熱によるエネルギーを皮膚に与え、コラーゲンの生成を促す方法です。
皮脂腺を破壊し、皮脂の分泌を抑制するのでニキビ治療に効果的です。
・Vビームレーザー治療(Vスターレーザー治療)
ニキビ跡の赤みをピンポイントに選択し、作用します。

これらのレーザーをニキビ跡の状態により組み合わせて治療することも可能です。

ニキビの最先端治療「レーザー」